TECHNOPAL-NET

ごあいさつ

当社のスタートは2000年。創業時は集合住宅のテレビ共聴システムの調査・設計。
加えて、手がけた設備の24時間・365日のフルタイムメンテナンスを主たる業務とし、勤めてまいりました。

その間に、世の中の情報通信を取り巻く環境が激変し、快適生活のバックアップの質も、
更なる向上を求められるようになりました。
集合住宅のライフラインは、全戸が一体になっており、
私共が担う情報通信にまさかのトラブルが発生した場合、
多くのお客様にとり1秒でも早い復旧が求められる時代であり、
その緊急対応に対する責任の重さは、倍増しています。

私達は10年間で8万7千時間を超える中、緊急対応を通して、多くのことを学びました。
それは理想ではありますが、工事の質を上げること。即ちフルタイムのメンテナンスを標榜するのは、
故障を限りなく0に近づけること、トラブルが起きないような『最高レベルの工事』があってこそ、
お客様へ信頼をお届けすることができると信じております。

理想が理想で終わらぬよう、『快適生活のバックアップ』を肝に銘じ、
そのご提案に日々勤めてまいりますので、今後ともご期待下さい。

今後、業務の拡大に伴い、『後付けオートロックシステム』や『デジタルサイネージ』を追加しました。
世の中の情報通信を取り巻く環境が変化する中、新しい技術を積極的に身に付け、
お客様に最新の技術をご提供できるよう、社員一同身を引き締めて進んでまいります。